もっといろんな景色を

日記、将来のこと、勉強、仕事など。気ままに書いてます。

通信制短大、行く目的は?に対して思うこと。

人は、相手が通信制短大に通ってることを知ると「目的は?」という疑問がセットで生まれるようです。
社会人ほどその傾向が強いように思います。

貴重なお金と時間と労力を掛けて学ぶ
イコール
目的を達成する為の手段

という、合理的な考え方があるからこその「目的は?」という疑問ではないでしょうか。
これは、お金と時間と労力を大切にするという考え方に繋がり、私も大切な価値観のひとつとして持っています。
私のこの価値観が強化されたのは、以前資格試験に挑戦した時の経験です。

最初は独学で挑戦して落ちた為、対策として通信講座を利用しました。
結果的に合格したから良かったけれど、実はひとつ目の通信講座は失敗でした。
講座自体は良いのかもしれませんが、私には合っていなかったので、別の通信講座に変えたら、その年に合格しました。

このことから私が学んだことは、

・独学には向き不向きがある
(試験や目的によっては、過去問中心の独学が効率的な場合もある)
・講座などで体系にそって学ぶ方が、効率的に理解が深まる
・講座や教材が自分に合うかは、理解度に直結するので、非常に大切

●これらを見極めないと、落ちる可能性が上がる。講座が必要なら、選んだ上で、お金は惜しまない方が、結果的に時間と労力とお金を無駄にしない。

ということでした。
なので、「目的は?」と聞かれることは理解できます。
ただ、私が通信制短大に通うのは、これらの価値観とは少し違います。

私が通うのは、
「興味があって学びたい。
わくわくするから。」
なんです。
これが原動力であり、目的と直結してます。
すっごくシンプルでしょ(笑)
「仕事に役立つといいな、付加価値がついたらいいな」という気持ちも、もちろんあります。
でも、根っこはもっとシンプルなんです。

もしかしたら、何の役にも立たなくて、付加価値もつかないどころか、少し変わった人と思われるかもしれなくても、いいんです。
目的は、私が「学ぶこと」でほぼ達成されているからです。

この状況は周りからみれば、一見、時間とお金と労力を無駄にしてるかもしれません。
「目的がないと学ぶ意味がないのに。」
と、私なりの目的を理解してもらえずに切り捨てられたこともあります。

その時の私は「そうかな~楽しいよ~」と流しつつ、心の中では、
『この人価値観これしかないんかな。
過程こそ学びだと思うけどな~
過程など無意味だと言われているようで、複雑。
現代企業は結果重視だしなぁ。←w』
などと─すいません─思っていました。

私にとって学ぶことは、とても大切です。
知らなかった体系的な知識は、
自分の中に世界をみて理解する視点と基軸を増やしてくれるように思えます。
別の分野の点と点が繋がって自分の中に体系が築かれた瞬間も楽しい。
それを、現実社会で活用出来るときも、喜びがあります。

マイノリティなのかな?と一瞬よぎるけど、
様々な文献が、マイノリティではないんだと思わせてくれる。
そっか…!
私が学者なら、多分批判されたりしないかな~。学者レベルまで極めて、仕事と直結させちゃえば、周囲の人の理解も得やすいよな!
…ムリやけど(笑)
今の私は、学問を理解するのに精一杯。それでも、学ぶことが楽しいです。
もっと賢い頭が欲しかった!(心の叫び)

あ、そうそう、もう一つ「何故今なの?」という質問もたまに受けます。
これは、

・今出来る状況だから
・老後の楽しみにとっておくには、リスクがある。(病気、死亡、貧困など、将来のことはわからない)
・学問は遅い事はないが、早い方が得だと思う

からです。

ひとりの人間であっても、価値観はひとつではありません。価値観を個人内でも使い分けているはずです。
周囲の人々まで範囲を広げれば、価値観は実に多様です。

この記事も共感する人、関心がない人、批判する人etc.
私も含めて、色々な人がいることは、多様性に繋がります。
理想をいえば、違いや多様性のある世界を、豊かと捉え楽しめる人間でありたいものです。




なーんて、
書いてる暇あったら、勉強しよっ!

最後までおつき合い下さり、誠にありがとうございます。
それでは。