もっといろんな景色を

日記、将来のこと、勉強、仕事など。気ままに書いてます。

【転職】盆明けから人生が変化した、今も渦中です。

お盆に気になる求人を見つけて応募した。
結果、転職することになった。
引き継ぎや有給消化などで、あっという間に時間が過ぎた。
長年勤めた会社を辞めるのは、すごく勇気が必要で、実際そうなると喪失感もある。
送別会をして頂いたり、贈り物やお餞別やお手紙を受け取りました。
最後の最後まで良くしてくれた会社で、感謝しています。

転職はギャンブル要素があると感じています。
怖いし、続けられるかも不安です。
今の会社が嫌になったわけではない、それどころか色々恵まれていた環境なだけに、
後悔はしたくないのが本心…
けど、この転職が失敗になるとしても
それも覚悟の上の決定です。

転職を決意した理由は以下の通りです。

①憧れていた分野の仕事に就けるチャンスだった。
②仕事内容が今後も変わらない。=今以上のスキルや能力が身につかない。
③AIに置き換えられる未来予測。
④今の会社がAI を導入しなくても、万が一倒産したり、辞めざるをえない状況になった場合、その時の私に市場価値はあるか?
⑤給料が変わらず、学校や資格取得で向上したり、業務改善に取り組み貢献したつもりだが、
この会社では、職種的に一律の評価しかされない。
(あくまでも営業が花形部門。理解はしている。)
⑥今の給料のままでは、プライベートで実現出来ない事がある。また、将来的にも不安。
⑦転職で失敗しても、ギリギリやり直せる年齢。(幾つになってもやり直せるだろうけれど、失敗は早い方が良いと思っている。)
⑧売り手市場がいつまで続くか不明。
⑨転職先での仕事は、もしかしたら、将来的に個人事業に結びつけられる可能性あり。そうしなくても、専門的知識やケーススタディは身に付けられる。
⑩②~⑥はここ数年感じていた。このまま働き続けた場合、同じことをぐるぐる感じているだけ。

以上です。
要約すると、「関心のある分野で、スキルアップが図れ、給料も増えるから」決意しました。
だからこれは、私にとっては挑戦なんです。

もちろん、ひとつの職場で長く働くことも大切だと思います。
けど、自分の心の声が数年変わらないなら、一考すべきでしょう。

腹くくって、前を見て、頑張ろう。



(つらかったらまた日記書きます。)